ヨギボーの寿命ってどのぐらい?

ヨギボーの寿命ってどのぐらいなのでしょう?

 

よくあるビーズクッションって1年もしないうちにへたってしまい、あとはそのヘタリをどこまで我慢できるか勝負になりますよね?
だんだん座らなくなり、インテリアとしてもきたなくなり捨ててしまうという感じだと思います。

 

一方ヨギボーの寿命はないです!

 

ヨギボーはリペアすることで復活することができるからです。

  • 中のビーズを追加することでヘタリが復活
  • カバーを洗濯 or カバーのみ購入することで見た目新品
  • インナーだけ購入するいこともできる

 

ということでヨギボーは購入したら一生付き合っていくことができるのです!!

 

使い方次第で寿命は変わる!

Yogiboも他のビーズソファと同様に使い方次第で寿命が変わってきます。

 

体格が大きい方で毎日使用していれば1年ほどでソファのへたりが目立ってくるという方もいますし、週末や日々の短時間しか使用しないという方であれば2年ほどでへたりが目立ってくるという方もいます。

 

Yogiboはインナーカバーが破れない限り使い続けることができます。

 

しっかりメンテナンスしてあげることでソファの寿命も延びますし、長く使い続ける分愛着もわいてきますよね♪

 

へたり解消法

Yogiboをメンテナンスすることで、長い間使い続けれることがわかりました。
次はメンテナンス方法を見ていきましょう。

 

セルフで出来るメンテナンス方法もありますし、Yogiboのリペアサービスを使って確かなメンテナンスをする方法があります。

 

それぞれ見てみましょう。

 

カバーを洗濯する

Yogiboのソファーカバーは取り外すことができ、洗濯することができます。

 

洗濯をする際の注意点は下記の4点です。

・洗濯をする際はおしゃれ着洗いなどの非常に弱いモードで冷水を使用して洗濯する。
・他の衣類と一緒に洗濯しない。
・漂白剤は使用しない。
・洗濯後は日陰に平干しするか、衣類乾燥機の低温乾燥を使用して乾かす。
・アイロンは使用しない。

あまり難しいことはありませんね。
また、替えのカバーなども別売りしていますので、カラーを変えて購入してみるのも良いかもしれませんね♪

 

ビーズを補充する

Yogiboを使い続けているとビーズが圧縮されインナーの中身が少なくなってしまいますよね。

 

Yogiboには補充用ビーズも購入することができ、自分の好みの固さや分量に仕上げることができます。

 

・補充ビーズ750g 2,500円
・補充ビーズ1500g 4,800円
・補充ビーズ3000g 8,900円

 

と販売されています。
補充方法は少しコツがいるようですが、プロでなくてもできるようです。

 

リペアサービスを頼む

Yogiboでは新品のようにお手入れしてくれるリペアサービスがあります。
ビーズの補充やカバーの洗濯などうまくできるか自信がないという方には嬉しいサービスですね♪

 

料金はかかりますが、事前に見積もりをしてくれるので思いがけない金額の請求が来た!という事もありません。

 

・アウターカバーのクリーニング
・インナーカバーの新品交換
・ビーズの補充

 

までやってくれます。
また、見積もりの段階で気になる部分を相談してみるの良いでしょう。

 

買い替えも検討してみて

何年も使っているとメンテナンスだけではどうしようもない場合があります。
そんな場合には買い替えも視野に入れてみてください。

 

また、ソファカバーはまだまだ使えるのにインナーカバーがだめになってしまった。という場合には、インナーソファのみの販売もありますので中身を変えるというのも良いでしょう。

 

しっかりメンテナンスをしてあげて長く使い続けてくださいね♪

 

ヨギボー

 

 

 

お通じのお悩み解決

病気対策になるビタミンCは、ハゲを防ぐのにも欠かすことができない栄養として知られています。日頃の食事から楽に補うことができるので、ビタミン含有量の多い野菜や果物を積極的に食べることをおすすめします。
「普段の仕事や対人関係などでイライラする日が多い」、「勉強が進まなくてつらい」。そういうストレスをため込んでいる人は、やる気が出る曲でリセットするとよいでしょう。
ビタミンというものは、私たちが健やかに暮らしていくために肝要な成分として知られています。従いまして必要な量を補えるように、栄養バランスの良好な食生活を守り通すことが大事です。
「疲労が溜まっている状態で苦しい」という場合には、栄養満載の食事を食べるようにして、元気を取り戻すことが疲労回復において有効です。
お通じが来ないと思い悩んでいる人は、便秘に効果的な薬を活用する前に、自分のペースに合わせた運動や日々の食事内容の見直し、食物繊維豊富なお茶やサプリメントを試してみた方が賢明です。
各種ビタミンやアントシアニンなどをたっぷり含有し、風味も良いブルーベリーは、古の時代からインディアンの間で、疲労回復や免疫力を強めるために摂られてきた歴史ある果物です。
「極力健康で暮らしたい」と思うのなら、ポイントとなるのが食生活だと断言できますが、この点については多彩な栄養が盛り込まれた健康食品を取り入れることで、手っ取り早く是正することができます。
「野菜はいまいち好きになれないのであまり食したりしないけれど、日頃から野菜ジュースを飲んでいるのでビタミンは十二分に補給できている」と決めつけるのは危険です。
ブルーベリーに内包されているアントシアニンという名前をもつポリフェノールは、目のかすみ・ぼやけやドライアイの改善、視力の減退予防に役立つことでブームとなっています。
スポーツなどで体を動かすと、アミノ酸がエネルギーとして費やされてしまいますから、疲労回復を図りたいというなら、消費されたアミノ酸を補うことが大切なのです。
「野菜をメインとした食事を続け、脂肪分たっぷりのものやカロリーの量が多いものは食べない」、このことは頭では納得していても実践するのは厳しいので、サプリメントを活用する方が良いと思います。
スマートフォンやパソコンのモニターから出るブルーライトは直接網膜に届くため、近頃問題になっているスマホ老眼を誘発するとして知れ渡っています。ブルーベリーサプリなどで目のお手入れをし、スマホ老眼を防ぎましょう。
顔面にニキビが現れたりすると、「肌のお手入れがきっちりできていなかったためだろう」と思うかもしれないですが、現実上の原因はストレスが関係しているケースが目立ちます。
健康増進に重宝する上、簡単に飲用できるアイテムとして人気のサプリメントですが、自身の体調や現在のライフスタイルを見極めて、最も適したものをチョイスしなくてはいけません。
スムーズに排便できない時、あわてて便秘薬を利用するのはやめた方がよいでしょう。と言うのも、便秘薬の効用によって意図的に排便を促進すると、それが当たり前になってしまう可能性があるからです。

 

長く生きるにはストレスフリー

「疲れがなくならなくて憂うつだ」と嘆いている人には、高栄養価の食物を摂取するようにして、エネルギー補給することが疲労回復において一番の方法です。
眼精疲労が現代人に多い症状として問題になっています。スマホの使用や定期的なPC作業で目にダメージを受けている人は、目の健康に効果的なブルーベリーをどんどん食べるよう努めましょう。
普段の食事から健康を保持するために必要なビタミンをちゃんと摂れていますか?外食続きだと、知らぬ間にビタミンが不足している状態になっているおそれがありますから注意が必要です。
「強い臭いが気になる」という人や、「口臭が不安だから敬遠している」という人もいるのですが、にんにくの内部には健康に有用な栄養分が様々入っています。
疲れ目の抑止に効き目があると評されるルテインは、強い抗酸化機能を有していますので、眼精疲労の解消に役立つのはもちろんのこと、美容に関しても効果的です。
ストレスと言いますのは人生を送る上で排除できないものと言えます。ですから積もり積もってしまう前に時折発散させながら、適正にセーブすることが必要だと思われます。
マッサージやエクササイズ、便秘解消に有用なツボ押しなどを敢行することにより、腸の動きを活発にし便意を誘引することが、薬を使うよりも便秘克服策として有用です。
栄養不足というのは、肉体的な不調を招くにとどまらず、長い間バランスが崩れた状態が続くことで、知的能力が低下したり、メンタル的な面にも影響を及ぼします。
お通じが滞っていると自覚している人は、便秘用の薬を試す前に適切な運動や日頃の食事内容の是正、健康サプリメントなどを試してみると良いと思います。
「可能な限り健康で余生を楽しみたい」と思うのなら、無視できないのが食生活だと言い切れますが、この点についてはビタミンやミネラル入りの健康食品を食すことで、一気に是正することができます。
健康を維持するのに有益な上、手軽に補給できることで支持されているサプリメントですが、自分自身の体質や現時点でのライフサイクルを分析して、ベストなものを入手しなければならないのです。
眼精疲労は言うまでもなく、高齢者の発症率が高い加齢黄斑変性症や認知度の高い白内障、緑内障の防止にも効果があると評価されている天然成分がルテインなのです。
疲労回復を能率よく行ないたいという希望があるなら、栄養バランスの良い食事と心地よい就寝環境が肝要です。ちゃんと眠ることなく疲労回復することはできません。
ブルーベリーのサプリメントには眼精疲労を予防する効果があるため、長時間目に負担を掛けることがわかっているときは、あらかじめ取り入れておくとよいでしょう。
食生活というのは、それぞれの嗜好がダイレクトに反映されたり、フィジカル的にも長期にわたって影響を与えるので、生活習慣病にかかった時に一番に改善すべき中心的な要素なのです。